トップページ
会社概要 事業内容 住宅部門 オフィス部門 店舗部門 大規模修繕 アクセス お問合せ
 トップ住宅部門 > トピックス
 S邸改修工事
 TN邸改修工事
 O邸改修工事
 T邸改修工事
 I邸改修工事
ご存知ですか・・・?
住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。

消防法が改正され、全国一律に住宅用火災警報器を設置し、維持することが義務付けられています。

戸建住宅、アパート、マンションなどの住宅火災による死者数は、
建物火災による死者数全体の約9割を占めています。
そのうち実に約6割近くが65歳以上の 高齢者。
今後、高齢化により、住宅火災による死者数が増加する恐れがあります。
こうした状況のもと、火災の発生をいち早く知らせてくれる住宅用火災警報器などの
設置が義務づけられました。
・新築住宅は、平成18年6月1日から
・既存住宅は、市町村条例により適用時期が定められており、
大阪府・京都府・兵庫県は、平成23年6月1日より必要になります。
(大阪府泉佐野市のみ平成23年4月1日より)

・住宅用火災警報器とは・・・?
家庭内での火災の発生をいち早くキャッチし、警報ブザーや音声によって知らせる装置が、住宅用火災警報器です。
住宅用火災警報器は大きく分けて、煙を感知して火災の発生を警報音または音声で知らせる「煙式」と、熱を感知して火災の発生を警報音または音声で知らせる「熱式」の2種類があります。煙や熱のほかにも、ガス漏れなども感知する「複合型警報器」もあります。
耳の不自由な方は、光を発する機器などを取り 付けることにより、音以外の方法で火災を知ることも可能です。

国の技術基準に適合し、日本消防検定協会の検査に合格した製品には、「鑑定(NS)」マークが貼っていますので、購入時の目安としてください。
また、それぞれ、壁にかけるタイプと天井に設置するタイプがあります。電源には、電池タイプと家庭用電源タイプがあるので、住宅の環境により、適切な住宅用火災警報器を選びましょう。

警報器は、どこに付けるの?
住宅用火災警報器は原則として、寝室と寝室がある階(寝室が避難階となる階にある場合は除く。)の階段には、必ず設置しなければなりません。
市町村条例によっては、台所等にも設置を義務づけている場合があります。
大阪府・兵庫県・京都府は、下表の通りです。

  既存住宅への適用日
(義務設置開始年月)
政令で定める基準(寝室、階段、廊下)以外に
台所への設置も必要な市町村
大阪府 平成23年6月1日
(泉佐野市のみ平成23年4月1日)
大阪市
兵庫県 平成23年6月1日 神戸市、西宮市、宝塚市、
三木市、佐用町(光都1丁目を除く)
京都府 平成23年6月1日 全市町村
その他の都道府県や、詳細はコチラ

設置時のポイントは?
天井設置の場合
火災警報器の中心(感知部)を壁から60p以上離して取り付けます。
天井に梁がある場合には、火災警報器の中心から60p以上離します。
壁設置の場合
天井から15〜50cm以内に火災警報器の中心(感知部)がくるようにします。
また、エアコンや換気扇の吹き出し口付近では、1.5m以上離してください。


ページの上へ

Copyright (C) WORK TOP All Rights Reserved.